bulle de savon - mobile page -

オリジナル小説サイト " bulle de savon " のブログ版です。bulle de savonとはフランス語で「しゃぼん玉」の意味。恋、友情、人情、葛藤。悩み多き不完全な人たちを描きたいなあ、と願っているだけでちっとも描けないでいるへタレが綴る、へタレな小説サイト。本宅bulle de savon (http://pas-de-deux.2-d.jp/index.html)もよろしく!

bulle de savon mobile page へようこそ

*** 案内用の固定記事です ***オリジナル小説サイト『 bulle de savon 』(ビュル・デ・サヴォン)のブログ版です。 連載中の「Magnet」というお話は試し読みのページもご用意してありますので、お気軽に覗いてみてください。 * 作品を第1話からまとめてお読みになる場合、 左(or 下)のカテゴリをポチっとなさると古いものから順に表示されて読みやすくなります。 第01話~08話 ・・・ チャプター1 第09話~19話 ・・・ チャプ...

「Magnet 」 試し読みできます

*** 案内用の固定記事です ***" ちかいうちに君はミス・シェリーと出会うんだよ "突然幼稚園を解雇され呆然とするラムカ。プレイボーイの訳アリ料理人、ショーン。恋人に裏切られ続けるネイリスト、ベティ。同性の恋人と別れ傷心中のヘアメイク・スタイリスト、ミシェル。心優しきカフェのバリスタ、ポール。現代のNYを舞台に、ある不思議な少年との出会いに翻弄される大人たちが織り成すラブ・ストーリー。(……たぶん……汗)初...

「Magnet46」更新しました

さて、冒頭のひりっぷさんと名探偵ミゲルさんですが。ひりっぷさんの浮気相手のヤスミンさんの正体が少しわかってきました。ちょっとここらへんは上手く表現出来なかったので、あとで少しお直しするかもしれませんが、まあとりあえず出しときます。ひりっぷさんとミゲルさんは上司と部下という側面ももちろん強いですが、ワタクシとしては彼らは幼なじみであり、義兄弟のようなものだと思って書いております。最後の二人の会話から...

Magnet 46.「A witch and a wizard - 魔女と魔法使い」

 トライベッカ 1:30 p.m. イタリアン・レストランでのビジネス・ランチを終えた彼は、こちらが用意した車に乗り込む相手方を丁寧に見送った。 それから他の役員二名と専属の車に乗り込もうとしたところで、数台後ろに停車していた別の車からクラクションが鳴った。 そちらのほうへと目を向ける。彼は、あとの二人を乗せた車を先に会社へ戻らせ、待っていた別の車に乗り込んだ。運転席で彼を待っていたのは、ミゲルだ。「ん?...

「Magnet45」更新しました

ひゃー!またしても半年ぶりになっちまいました!すすす、スミマセヌ……! (♥´人`)ゴメンネェ半年もお待たせしちゃった挙句、なんとまあひどい内容ですこと!キャスさんとこはまだしも、後半のベチ子さんのとこなんてやっつけもいいとこです。ま、例によってこんなもんです、ワタクシの書くもんなんて。(The 開き直りの女王)んで、タイトルはまたしてもパロディと言うか、もう完全にダジャレですねコレwラヴェル作曲の「亡き王女の...

Magnet 45.「Pavane pour une Reine défunte- “泣き”女王のためのパヴァーヌ」

 アッパー・イースト〈セントラル・パーク〉 1:20 p.m.「ええ……それについては別途詳しく資料をお送りするわ。先日と同じアドレスで大丈夫かしら? ――そう。ええ、了解したわ。それじゃ」 仕事の電話を切り、ふーっと息を吐いて再び電話を耳に当てる。アシスタントのティナに連絡をするためだ。 先ほど電話で話した取引先へ件の資料を送付するよう指示し、夕方までにはオフィスへ戻る旨を伝えた。 再び電話を切り、ベンチに...

「Magnet44」更新しました

前回、息子氏(とその彼氏)とのデートをしたナディアさんでしたが、彼女が留守中のクリフォード家ではこんなAwkward(気まず~!)な展開になっていたのでありました。Queen B(Queen bee / 女王蜂):ベチ子さんの奇襲攻撃の回でもありましたね~wGlossaryにも書きましたが、Queen Bとは「Queen Bee/女王蜂」との言葉遊びと言いますか、ダジャレ的なアレに聞こえんこともないが、まあいっか。あとこちらもGlossaryに載せました...

Magnet 44.「Awkward moment- 気まずい瞬間(とき)をあなたと」

 アッパー・イースト 7:40 p.m. いつの間にか静かな寝息をたて始めたレイの顔をしばらく見つめたあと、ラムカは手元の絵本をブックシェルフに戻すため、椅子から立ち上がった。 絵本を戻し、再び椅子へ腰を下ろす。ベッド脇の小さなテーブルの上に置かれたレイのスケッチブックを目に留め、彼女はそれを手に取った。 レイが描いたという、彼のバディの絵。それを囲むように描かれたヒエログリフのようなもの。一体どういうこ...

「Magnet43」更新しました

Magnet 第43話の更新でございます。少しずつですが、中盤のハイライトに近付きつつあるような……そうでもないのような……wあ、今回のあとがきはちょっと長いかもです、ごみんなさい。...

Magnet 43.「Champiñones a la plancha- マッシュルームはお熱いうちに」

グリニッチ・ヴィレッジ 7:20 p.m. ザクザクと野菜を切る、耳に心地よい音。それをかき消すように響く、人工的なカメラのシャッター音。手を休めることなく、男が呆れたような一瞥だけをくれる。「Hey , 料理ならともかく、何で俺を撮るんだよ」「Why not ? 目の前でホットなイタリア男が料理してるんだよ? 撮らずにいられる? しかも彼は僕だけのお抱えシェフなんだ。ああ、世界中に自慢したい気分」「まったく……」 皿洗い...